国語の成績が上がりました!

国語の成績が上がりました!

楽読茨木スクールに通う中学生のお母様より
うれしいお言葉を頂きました。

なんと、国語の成績がアップされたとのこと。

もちろん、本人の努力の賜物ですが
楽読が役にたったと言って頂き
本当に嬉しい限りです。

国語力は、子供のころからの読書量が
大事になってきます。

というのも、本を読んで理解することは
自分の記憶との照合だからです。

子供のころから本を読んでいる事
そうでない子では、その記憶の量が
圧倒的に異なってきます。

したがって、学年が進むにつれて
難易度が上がっていた時
多くの記憶を持つ子は、理解しやすく
そうでない子は、ちんぷんかんぷん。
そんな状態になるわけです。

これは、社会に出てからも同じです。

人事を担当されている方とお話ししたとき
最近の学生は本を読まない
そんな風に、嘆いてられました。

本を読む習慣がない、つまりは
記憶の集積が弱いと思われても
仕方がないわけです。

上司が、これ読んどけと渡した本も
結局、難しすぎて読めない。
そうなっちゃうわけです。

4月から社会人になる学生さん、
残りの期間で、読書量増やしませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

受講生様の声

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>