楽読インストラクターの役割とは?

楽読インストラクターの役割とは?

楽読スクールは、一般的な教室は
大きく異なるところがあります。

それは、

教えない!

って事なんです。

そう、教室なのに教えないんです。

もちろんトレーニングの方法についての
指示は行いますが、教えはしません。

なので、こんな会話をすることもあります。

「なんか、こんな感じで読んだんですが
合ってますかね?」

「知りません(^^」

そうなんです。
あくまでも答えは受講生様の中にあります。

じっくりヒアリングをさせて頂き
なりたい姿をイメージして頂いて
一緒にそこに向かう伴走者のような。

だから、できなかったり数字が落ちたりしても
怒るなんてこともありません。

そこにある気づきを聴かせて頂くんです。

その結果、受講生様は自分に好奇心を持ち
ワクワクするようになるんですね。

僕ら楽読インストラクターの役割は
教えるではなく、気付きを認める
そんな事になるんじゃないかと思います。

速読だけでなく、そんな人間の成長に
興味津々なのが、僕ら楽読に関わる人たちです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

楽読(楽しい速読)とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>