速読ができる人って意外にいるんだよ、そして速読は素晴らしい!

速読ができる人って意外にいるんだよ、そして速読は素晴らしい!

速読ができる人というのはどういう人なんでしょうか?
nigaoe_sonbu

学生の頃の試験を思い出して欲しい

小学校・中学校でのワンシーン、試験時間。
ちょっと思い出して頂きたいのですが、こんな子はいませんでしたか?
誰よりも早く試験が終わり、退屈そうにしている子。
それでいて、点数は高いっていう子。
読んで理解する速度が速いため、試験時間も短くて済むわけです。
おそらく、速読ができていたんじゃないかなと思われます。

こういう子は、すごく勉強しているようには見えません。
むしろあまり勉強していないんじゃないか?って周囲からは思われたりします。
一般人と有名大学に通う人との読書速度の差は、5倍以上とも言われます。
参考書を読む時間が5分の1で済んじゃうわけです。

速読ができたと言われる人物たち

漫画界の神様、手塚治虫氏。
彼は膨大な量の漫画とアニメを世の中に遺した。
ジャンルの幅広さや、社会に対する訴えかけなど、まさに漫画・アニメを文化の領域に引き上げたと言っても過言ではないでしょう。
読書好きで知られた彼は、ものの数分で一冊を読み上げていたとか。
まさに速読ができていた人物だったであろう。

アメリカ大統領も速読ができる人が多かったようで。
食事前のわずかな時間に、一冊を読み上げたり、一般的な読書速度よりも4~6倍の速さで読んだりなどしています。

それ以外にも有名人、著名人の中には、一般の人よりも速く読むことのできた人は多くいたようです。

速読できるとどんないいことがあるの?

有名人、著名人、偉人と多くの人ができていたであろう速読、果たしてどんないいことがあるのだろうか?

1.時間短縮

何と言ってもこれを求めている人は多いんじゃないだろうか?
一日に読む文字の量は圧倒的に増えている。
本だけじゃなく、メール、LINE、SNSなどなど。
まるで中毒のようにスマホを片手に生きている人もいる。
夜中に睡眠不足になるまで読んでいる人もいるかもしれない。
もし、その時間が半分になったとしたらどうだろうか?
その余った時間は何に使いたい?家族との時間?自然に触れる?などなど
人生の豊かさをもたらす可能性は十分にあるんじゃないだろうか?

2.節約

書店に行くと、毎日のように新しい本が出ている。
タイトルを見たり、著者を見たりしながら歩いていると、あれも欲しい、これも欲しいとなるだろう。
そして、手に取り、かごに入れ、まとめて購入!なんて方もいるでしょう。
家に持って帰った結果、以前に買って、手つかずの本に目が行く。
あ~、まだあれも読んでなかったのに~と買ってきた本をその横、もしくは上に置いてしまう。
しかし、速読ができるようになっていると、書店で軽く眼を通すだけで、より深く知ることができる。
そうすれば、買う必要が無い本にも気づきやすくなる。
当たりの本を引きやすくなるわけだ。

3.コミュニケーション力向上

コミュニケーション力は何に比例するか、その要素の一つは語彙力だ。
先日、蒼井優と結婚した南海キャンディーズの山ちゃんを僕は尊敬している。
というのも、彼のツッコミというのは独特の表現で、それでいて想像力を掻き立て笑いをもたらす。
この手のツッコミができる方はごく少数だ。
そして、とあるニュースで彼が勉強家で、読書家であることを知った。
幅広いインプットは幅広いアウトプットに繋がるわけだ。
この辺りは、また改めて深めて書いてみようと思う。

速読ができるって素晴らしい!

速読ができるって素晴らしい、僕はそう思っている。
時間は平等である。
誰かにとっての1分が、誰かにとっての2分ということはない。
1分は1分
であるならば、読む速度が倍以上になるのであれば、速読は平等な時間を有効に使うのに最適なトレーニングだと私は考えている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

速読の効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>