「速読よくある質問」の記事一覧

速読よくある質問

速読って、斜めに読んだり、飛ばして読んだりするんでしょ?

名刺交換などで、興味を持っていただく
速読って、知られてはいるんですよね。

その後、聞かれるのは

「斜めに読んだり、飛ばして
読んだりするんでしょ?」

この質問、めっちゃ多いです。
でも、楽読は違うんです。

a0002_004085

楽読でお伝えしているのは
読んでる感覚そのままで
速く読めるようになるんです。

車を運転するときに
高速道路を走っていると
だんだん慣れてきて、
いつも通り運転していても
速いペースで走ってますよね。

それと同じです。

速く読めるようになる環境に
自分自身を置く事で
慣れてきて、速く読めるようになります。

決して、斜めに読んだり
飛ばして読んだりすることで
速くなるわけではないんです。

レッスンを重ねていくと
そんな感じで読む方もいます。

ただ、全員がその位置を
目指すわけではありません。

そうでなくても、
元の2倍以上になる方は大半です。

今よりも、2倍以上の速度で読めて
理解ができれば
どんな人生が待っているでしょうね?

そんな自分の人生、ワクワクしませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

難しい本を読むにはどうしたらいいか?

体験に来られた方から、
このような質問をされることがあります。

難しい本を読むのも速くなりますか?
その答えは、

a1180_012510

速くなります!
ただ、それなりに。

そうなんです。
楽読を習得することで
元の速さよりも速くなるでしょう。

ただ、一つ、問題があります。
それは、わからないものはわからない。
ということなんです。

例えば、突然ロシア語を読めと言われて
読めるでしょうか?

読めないですよね。

これがわからないということです。

ではどうしたらいいんでしょうか?

それは、簡単な本から始める事です。
先ほどのロシア語の例で言えば
ロシア語入門なんかを読んで
知識を蓄えます。

簡単な本であれば、
楽読できていればすぐに読めるでしょう。

そうやって知識を蓄えていくと
難しい本もわかるようになっていきます。

このプロセスも速くなるわけです。

難しい本を読むという事は
小学生に東大の問題を解かせるも
同じなわけです。

そこに視点を置かず
自分の現状に合わせて少しずつ
知識を蓄える事が大事なわけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三月の予定を更新しました

速読を習得するために、
楽読では繰り返しレッスンを
受講していただきます。

どれくらいのペースで通って
どれくらいで身につくのか
質問されることが多いです。

201403

そこで参考になるのが、
こちらのスケジュール表です。

各日付の赤い所が通常のレッスン。
緑の所が体験レッスンです。

初めての方は緑の所
受講生様は赤い所を選んで
お越しいただきます。

そして、ペースや頻度ですが
ご自身の都合に合わせて
お越し頂ければOKです。

月に4レッスン以上の受講を
お勧めはしておりますが。

月に4レッスンであれば、
約6ヶ月で習得するペースです。

毎週1レッスンか
隔週で2レッスン受講いただければ
OKです。

もちろん、もっと早く習得したい場合は
こちらのスケジュールを見て
行ける日を確認してみてくださいね。

もし、行きたいんだけど
どうしてもいけない場合は
ご相談ください。

新たにレッスンを作る事も
可能だったりしますからね。

そして、3月は朝7時のレッスンも
作ってみました。
出社前にいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽読を習得するために必要な時間

楽読で速読を習得するには
どれくらいの期間が必要ですか?

そのような質問を良くいただきます。

2014年1月現在、楽読の習得コースは
24回のレッスン受講となっています。
※学生様の場合は12回です。

この回数ですが、週に1回の受講で
約半年という事となります。

もっと早く習得したい方は、
週に2回の受講で3カ月となります。

茨木スクールの場合、
続けて2コマのレッスン受講される方も多く
週に一度来られて、2回受講し、3カ月ほどで
習得される方も多くいらっしゃいます。

レッスンの時間は45分です。
ですので、レッスン時間はトータルで
約19時間ほどとなります。

この時間と期間で、
速読が習得できるわけです。

あなたが、一日に2時間文字情報に
触れていたとするならば
速読を習得すれば、その時間が半分に
なることだってあり得るわけです。

そうなれば、一日に一時間節約することが
できちゃうわけですね。

19時間投資すれば、1年で365時間節約。
何倍もの効果が期待できるわけです。

そんな速読を楽しく楽に身につけちゃう楽読
ちょっとご興味ありませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽読と速読は何が違うの?

楽読インストラクターとなり
友人・知人を中心に
「楽読と速読は何が違うの?」
と、聞かれる事が増えてきました。

ここからは、あくまでも僕の主観です。

楽読のレッスンでは、速く読む以外に
話をして頂く時間があります。

文字を高速で見ながら、
インストラクターの質問に
答えていただくんですね。

すると、考えるまもなく
答えが浮かんできて、口にする。

「あ、自分ってそうやったんや!」

なんて風に、本来の自分に
気付けちゃったりするんです。
すごくないですか?

あなたの夢はなんですか?

そんな質問をされて、
どんどん話して行く受講生様。
私もその一人でした。

自分の在るべき姿を知り
行動に移して行く。
そして、人生を前向きに捉えられ
笑顔で過ごす。

そんな効果が楽読にはあるんです。
まずは、体験セミナーにて楽読に触れてみてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2 / 3123