令和時代に求められる能力と、新しいスタイルの速読スクール

令和時代に求められる能力と、新しいスタイルの速読スクール

楽読茨木スクールでは、速読トレーニングの合間に様々なイベントを開催しています。
enjin_people

楽読茨木スクールのレッスンは週に4日

2019年7月現在、楽読茨木スクールでの速読トレーニングは週に4日。
月・水の夜と、水・土・日の午前のみ。
それ以外の日・時間はスクールスペースが空いています。
って、めっちゃもったいないやん!ってことですよ。
そして、受講生様として来られる方の中にも、才能のある方が多くいらっしゃって、ここをマッチングしたいなって思うわけです。

そもそも21世紀の寺子屋を作りたかった

2012年6月に楽読茨木スクールを開校したのですが、開校当初はこんな思いをもってました。
21世紀の寺子屋を作りたい!と。
速読トレーニングだけでなく、様々なコンテンツがあって、多くの人が出入りをして、繋がって、仲良くなる。
あるときは先生やし、あるときは受講生やし。
その中で、循環が生まれていくことが本当に楽しい。
現在、その想いに共感してくださる方が増えてきて、美容室さん、トールペイント、ボクシング、物販、Youtubeなど、コンテンツも増えてきました。

自由な発想は速読トレーニングから

他の楽読スクールのインストラクターが、茨木スクールに来ると驚かれる。
それはこんなに自由な発想でスクールを運営しているケースが少ないから。
実は、こういう自由な発想というのは速読トレーニングの影響が大きい。
速読を習得するためには、イメージ力を鍛える必要があるのだが、これが鍛えられるとひらめきも起きやすくなる。
しかも、リラックスする状態を作ることを心がけるので、なお一層ひらめきが起きる。

これからの時代に求められる能力

このひらめきもそうですが、これからの時代に求められる能力としては、こういうものがあるでしょう。
1.多方面からのインプット
2.感性
3.対等な人間関係
ちょっとまとめていきます。

1.多方面からのインプット

職人さんであっても、自分の専門分野だけの知識だけでは成長が望めません。
英会話を取り入れたり、新しいITの仕組みを取り入れたり、これまでにはない分野のインプットも求められます。
自由な発想と新しいアイデアは、既存の経験だけでなく、その外側から得られることも多いでしょう。
だもんで、本は速くたくさん読めるに越したことはないですね。

2.感性

世の中の進化の速度がどんどん上がっています。
考えて、考えて、理論立ててとしていると、あっという間に置いてかれるって羽目になります。
感性でチャレンジする人が増えてきて、すぐに決断して、失敗したらまた別の道、そんな人が結果を出してくるでしょう。
まさに右脳的な行動パターンですね、速読トレーニングで向上される領域でもあります。

3.対等な人間関係

楽読の速読トレーニングでは、小学生から年配の方までは同じレッスンを受けていて、対等に会話をされます。
むしろお子さんの方が結果を出したりするので、逆転現象が起こることもあります。
そんな中で、共に少しでも学び取ろうとする関係性は、これまでの企業にあった上下関係ではない世界観です。

まとめますと

楽読茨木スクールでは、これまでにはないスクールとして、上記にまとめた能力を身に着けながら、自分の才能を輝かせていく環境を提供していきますし、さらに多くの方に関わりたいと思っています。
なので、遊びに来て(^_-)-☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

楽読(楽しい速読)とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です