速読を習得するには何を使い、どこに行けばいいのかな?

速読を習得するには何を使い、どこに行けばいいのかな?

速読の書籍やアプリ、講座が増えてきているような気がします。
65837060_2393297424083178_3992318345268428800_n

速読を習得するにはどんな方法があるか?

楽読は実際に教室に通っていただくか、ネット環境を使った形でトレーニングを提供しています。
そのうえで、速読を習得するにはどんな方法があるのかを紹介しようと思います。
ざっと調べるとこんな感じかな。
1.書籍で独学
2.通信講座
3.アプリ
4.スクール(パソコン教材)
5.スクール(1対多数)
6.スクール(1対少数)
それぞれについて、まとめてみたいと思います。

1.書籍で独学

書店に行っていただくと分かるのですが、速読に関する書籍は数多く出版されています。
楽読からも3冊出版されています。
どの本も速読できる方が、速読のメカニズム、トレーニング方法が書かれています。
書籍を繰り返し読み込んで、トレーニングを続けて頂くと習得することができるでしょう。
ただし、疑問点が出たり、悩んだりしても相談できる相手がいないというのは覚悟しておかないといけません。
一方で、ダントツでコストがかからないというのは間違いないでしょう。

2.通信講座

書籍よりは費用は上がってしまいがちですが、メールなどでフォローしてもらえるというのはいいですね。
通信講座というのは、独学で習得するためのノウハウが詰め込まれているものです。
動画でわかりやすく解説されているケースもあるので親切だったりします。
ただ、トレーニング中は孤独です。
一人でコツコツ取り組むことが苦手でなければ、通信講座でも十分習得できるでしょう。

3.アプリ

最近、SNSを見ていたりすると紹介が増えてきているのがアプリです。
書籍、通信講座と比べると持ち運びがしやすく、場所を選ばずにトレーニングできるので、これから伸びてくるジャンルだと思います。
現状、楽読からアプリが出るという予定はありませんので、私としては残念ですが他社さんのアプリを見て見て下さい。
ゲーム性を持たせたりすることで、孤独感のないアプリが出てくることも予想されます。
リアルな交流をあまり期待しない方には、アプリでの速読習得がお勧めです。

4.スクール(パソコン教材)

学習塾などで展開されているスクールで多くあるのがパソコン教材を使ったトレーニングです。
フォローしてくださるインストラクターが近くにいるので、疑問点など相談がすぐできるのがメリットです。
また、スクールによっては速読甲子園のようなイベントが企画されていたりもするので、人との関りもあるでしょう。
学習塾で行われている場合は、成績という形で成果も確認できやすいですね。
ただ速読以外の悩み事、相談にまで対応できるところは少ないのではないでしょうか?

5.スクール(1対多数)

30人~40人など、大人数相手の集合研修タイプです。
この形で継続的なトレーニングを提供しているスクールは少ないようです。
インストラクターの個性にもよりますが、パソコンのような無機質なやりとりではなく楽しく学べる環境があります。
単発で展開されていることも多いので、毎週のように通うというスタイルは難しいかもしれません。
集合研修で得た情報を、自分自身で続けられる方には向いているでしょう。

6.スクール(1対少数)

楽読スクールはこのスタイルになります。楽読の場合は1レッスンが1~8名で行われます。
速読の習得に必要なトレーニング、情報提供はもちろんのこと、一人一人とのコミュニケーションも手厚くなるので、縁が深くなりやすいです。
また、毎週レッスンが提供されていたりするので、継続的に通う事にも向いています。
それぞれ自己投資をたくさんしているインストラクターなので、速読だけに限らず、他の悩みにも対応します。
そして、受講生同士も繋がるので、弁護士さんを探していたら、同じレッスンにいた!なんて出会いもあります。
ただ、費用は高めになってしまうかもしれませんが、そりゃそうですよね

で、どれが一番お勧めなの?

それはね、自分で選んでください(笑)
お金かけずに自力でやりたければ、書籍を選ぶのがベストです。
自分の居場所が会社と家庭にしかなく、別の所に素敵な場所も欲しい、速読以外にもいろんな縁が欲しいとなれば楽読がお勧め。
100人いたら100人ともが楽読がベストとは思っていませんが、よかったら一度、体験されてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

速読よくある質問

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です