マーク の記事一覧

マークの投稿

副業としての速読インストラクターというお仕事を考えてみた

副業としての速読インストラクターを考えてみる。
group_business_syukatsu

速読ってビジネスとしてはどうか?

異業種交流会やランチ会に参加してみて思うのは、速読を教えていますって人と出会う事は非常に少ない。
一方で、速読をめちゃくちゃ習いたいんですって人に出会う事も少ない。
もちろん速読ができるようになったらいいなあ~って思っている人もいるんだろうけど、通いたいって人は少ない。
速読はスクールに通うものって認識はまだまだ少ない。
速読教室を始めれば、入れ食い状態で生徒が集まるってビジネスではない。現状はね。
AIの広がりなんかもあって、人そのものの能力アップはこれから伸びてくる分野だと思っているので、未来はあると感じてる。

実際にやっていて感じるのは

非常に鍛えられる仕事だなって感じてる。
ホームページを工夫して更新したり、異業種交流会に出て参加者に知ってもらって、動画やったりインスタグラムやったりなどなど。
もし、濡れ手に粟で、入れ食い状態のビジネスであれば、こんなに鍛えられることはないだろうな。
ある種、ここに関してはありがたいな~って思う。

副業としてやるならどうだろうか?

正直、めっちゃ良いなって感じてる。
生活するうえでの収入がある程度見込めている中で、起業・自営業を仲間と共に極めていけるという環境はあまりない。
既に存在しているスクールで、副業としてするのであれば、先輩インストラクターもいて、聞ける相手がいるというのも心強い。
その中で、手ごたえを感じれば、本業としてやってもいいと思うし。
また、速読スクールに来る人たちってのは、前向きな人たちが多いし、そこで新たな出会いがあったり、新たなビジネスの話も聞ける。
私自身も速読スクール運営をメインで起業したが、今は、多くのビジネスに関わっているし、日本だけでなく、韓国、アメリカまで行っちゃった。

一緒にやってみない?

スクール運営も8年目を迎えました。
今年からは多目的サロンとして、より幅の広い環境提供を行うようになっています。
美容室、エステ、トールペイント、ボクシング、ネット物販、Youtubeなどなど。
これからも多くのプログラムが集まってくるでしょう。
そんな場所で、まずは副業としてで構わないので、速読スクールインストラクターやってみたいと思わない?
自分が学んだことで、小学生から年配の方まで、職業関係なく喜んでいただける仕事ってあまりないと思うんだよね。
少なくとも、僕自身は活躍の場は大きく広がった。
そんな速読スクールのインストラクター、興味を持ってもらえたら嬉しいな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

速読をスポーツに取り入れるとどんなことが期待できるのか?

速読トレーニングを取り入れている高校野球のチームがあります。
baseball_koushien_kyujou_tsuta_nashi

スポーツになぜ速読が?

とあるプロ野球チームに所属していた選手が、速読のトレーニングを取り入れていたり、イチローも憧れた選手が、バッターボックスに立つ前にルールブックをパラパラめくっていたとか、聞いたことはありました。
肉体を極限までトレーニングしている選手が、さらに取り組むとしたら、眼と脳という事になるのかもしれません。
スペインのサッカーチームでも、肉体だけでなく、イメージ力など、脳に関してコーチをしているという話も聞いたことがあります。

どんな効果が期待できるのか?

受講生様でスポーツをされていた方に聞いてみたところ、どうもこんなところがメリットとして感じて頂けているようです。
1.視野
2.動体視力
3.イメージ
4.コミュニケーション
ちょっとまとめてみましょう。

1.視野

サッカーやバスケットボールをしている受講生様が言っていました。
前よりも敵が良く見えるようになり、パスがよく通るようになったり、ドリブルで敵を抜けるようになったりと言ってられました。
実際、スポーツ以外でも、横からの飛び込みに気づくことが増えて運転が楽になったなんて声も聞きます。
速読トレーニングによって、視野がひろがるようで、スポーツでも喜びの声を頂いています。

2.動体視力

バッティングセンターで160km/hのボールを打つという映像を見たことはないでしょうか?
楽読としても、何度かテレビ番組でも取り上げて頂いてます。
本をパラパラめくるトレーニングで速く動くものを捉える力があがるようです。
受講生様でも、卓球をしていてピンポン玉がよく見えるようになったなどという声を頂いてます。
試合中に本をパラパラしているチームがあれば、おそらく速読を取り入れているでしょう。

3.イメージ

サッカー漫画なんかを読んでいると、まるで鳥が見下ろすような形でフィールドが描かれることがあります。
あれは決して、漫画の世界だけではなく実際の世界でもあるようです。
とある選手が、ビデオに映る自分の試合を見て、あるシーンの選手の配置を聞いてみたところ、かなりの確率でどこに誰がいるかを答えられたようです。
まさにイメージする力ですね。
速くめくる本から、文字をひろって思い出すというトレーニングで脳の回転数があがれば、イメージができる速さも変わるでしょう。

4.コミュニケーション

楽読のトレーニングでは、本に目線を向けながら、会話をするというトレーニングがあります。
インストラクターは、受講生様の状況をみながら、様々な質問を行っていきます。
スポーツのチーム単位でレッスンを受けて頂くと、質問の答えから意外な一面を知ることがあったりなどして盛り上がります。
人は、人のことを知れば知るほど、信頼関係は増す方向に働きます。
接触頻度があがることで、チーム内の結束力が向上したという声を頂きました。

眼と脳をトレーニングするのって

眼と脳をトレーニングするのって、スポーツの中への取り入れ具合は、それほどではないんじゃないでしょうか。
一方で、肉体的負担をそれほどなく、楽しく、楽にできるトレーニングなので、取り入れやすいでしょう。
それでいて、結果の即効性は、マラソンを続けて持久力をあげていくことを考えれば、在ると思いますよ。
スポーツの指導者をされている方、一度、楽読トレーニングの導入を検討されてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

速読できる人が得をする人生の場面ってこんな感じかな?

速読のできる人と、できない人とでは人生でどんな差が生まれるのだろうか?
kaiwa_hairenai_businessman

それは受講生様の一言で始まった

楽読茨木スクールに通う受講生様は大人の方が多く、小中学生も何名かいらっしゃいます。
あるとき、小学生と一緒にレッスンを受けていた大人の受講生様が言ったんです。
「子供のころから速読が習得できてたらよかっただろうに~」
確かに!ってうなずいた別の受講生様もいて、ちょっと分析してみようと思います。
年代別で考えてみようかな。
1.小学生~高校生
2.大学生
3.社会人
4.親世代
5.退職後の世代
こんな感じでしょうか?

1.小学生~高校生

小学生~高校生となると、必ずある宿題が読書感想文。
いくつになってもあるし、苦手っていう声も非常に多い。
一方で、速読を習得していると、短い時間で読むことができるし、感性も豊かだからいい感想文も書けるだろう。
学校の読書の時間も短時間で読み進められるし、参考書や文章題も短時間で読める。
そして、試験問題も速く読めることから、最後までテストに臨んで、見直しもできる。
また、最近では野球の甲子園出場校が、楽読を取り入れてくださったりと、スポーツでも成果が出ている。
学業にスポーツに、速読の効果は非常に高い!早く始めるに越したことはない。

2.大学生

大学生ともなると、論文やゼミのために読まなければならない文章は格段と増えてくる。
場合によっては日本語だけでなく、英語の論文も読むこともよくあることで。
起業に興味を持つ学生は、早くから社会人とコミュニケーションを取ろうとするだろうし、そうなると語彙力も必要だ。
本を読んだことないですと言ってしまう学生が、社会人に簡単に受け入れられるかは疑問だ。
ホリエモンにしろ、キングコング西野にしろ、時代の先行く人は本をどんどん書いてくる。
社会に出る前に味わいたいのであれば、速読を習得して、読書のハードルを下げた方がいいだろう。

3.社会人

働き方改革で、残業を減らそう、労働時間を減らそうという取り組みが進んでいる。
ただ、どちらかといえば、仕組みであったり、ルールであったり個人の能力とは別の所で議論が進んでいる。
個々人の業務の効率化となると、会社としては個人任せ、自分でなんとかしろと言わんばかりにもとれる。
結局、会社では仕事が終わらず、自宅に持って帰り、疲弊していくなんてことにも。
一方で、速読を習得している人は、読む速度が速いだけでなく、脳の力が上がっているので、他の場面でも処理が速い。
実際、プログラマーとして会社員をしていたころの僕は、残業がどんどん減っていった。
速読を身に着けると、仕事も速くなるってわけだ。

4.親世代

速読で日々のゆとりが生まれている親世代は、子供に対してもおおらかな人が多い。
実際、子連れで楽読スクールや、楽読のミーティングに参加する人もいるが、受講生様はじめ楽読関係者はおおらか。
大声出したり、泣き出したりしても、一緒になってあやしてくれたり、笑わそうとしてくれる。
満員電車を思い出して欲しい、その中で、ベビーカーに乗せた子供が泣きだしたら…
迷惑そうな顔を向けた大人がたくさんいるんじゃないだろうか?
多分、速読やってないな、まあ、間違いなく楽読はやってないだろうなって思っちゃったりする。
速読は心のゆとりも生み出すのだ。

5.退職後の世代

年齢と共に、あんなに好きだった読書ができなくなったという声も聞く。
老眼であったり、集中力が続かなかったり、眠くなるから…
自分の衰えを感じてしまうようになるせいか、読書をあきらめるという声がちらほら。
速読トレーニングは、やったらやっただけ成果があるというもので、いくつになって成長を実感できる。
老眼が軽減した、集中力がついたという声もあり、多くの方に喜んで頂いている。
80歳を過ぎて楽読に出会い、楽読インストラクターになっちゃったという人もいるくらいだ。
衰えにフォーカスするか、成長にフォーカスするか、どちらの世界を描きたいだろうか?

で、結局どんな差が生まれるのか?

僕は、速読できる人の方が、できない人よりも幸せになれる確率は高いと思っている。
自分の持っている能力をそれだけ引き出して、若々しくあれるから。
だから、速読をいつ始めたらいいですか?って、ちょっと古いけど「今でしょ!」って答えるね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

速読ができる人って意外にいるんだよ、そして速読は素晴らしい!

速読ができる人というのはどういう人なんでしょうか?
nigaoe_sonbu

学生の頃の試験を思い出して欲しい

小学校・中学校でのワンシーン、試験時間。
ちょっと思い出して頂きたいのですが、こんな子はいませんでしたか?
誰よりも早く試験が終わり、退屈そうにしている子。
それでいて、点数は高いっていう子。
読んで理解する速度が速いため、試験時間も短くて済むわけです。
おそらく、速読ができていたんじゃないかなと思われます。

こういう子は、すごく勉強しているようには見えません。
むしろあまり勉強していないんじゃないか?って周囲からは思われたりします。
一般人と有名大学に通う人との読書速度の差は、5倍以上とも言われます。
参考書を読む時間が5分の1で済んじゃうわけです。

速読ができたと言われる人物たち

漫画界の神様、手塚治虫氏。
彼は膨大な量の漫画とアニメを世の中に遺した。
ジャンルの幅広さや、社会に対する訴えかけなど、まさに漫画・アニメを文化の領域に引き上げたと言っても過言ではないでしょう。
読書好きで知られた彼は、ものの数分で一冊を読み上げていたとか。
まさに速読ができていた人物だったであろう。

アメリカ大統領も速読ができる人が多かったようで。
食事前のわずかな時間に、一冊を読み上げたり、一般的な読書速度よりも4~6倍の速さで読んだりなどしています。

それ以外にも有名人、著名人の中には、一般の人よりも速く読むことのできた人は多くいたようです。

速読できるとどんないいことがあるの?

有名人、著名人、偉人と多くの人ができていたであろう速読、果たしてどんないいことがあるのだろうか?

1.時間短縮

何と言ってもこれを求めている人は多いんじゃないだろうか?
一日に読む文字の量は圧倒的に増えている。
本だけじゃなく、メール、LINE、SNSなどなど。
まるで中毒のようにスマホを片手に生きている人もいる。
夜中に睡眠不足になるまで読んでいる人もいるかもしれない。
もし、その時間が半分になったとしたらどうだろうか?
その余った時間は何に使いたい?家族との時間?自然に触れる?などなど
人生の豊かさをもたらす可能性は十分にあるんじゃないだろうか?

2.節約

書店に行くと、毎日のように新しい本が出ている。
タイトルを見たり、著者を見たりしながら歩いていると、あれも欲しい、これも欲しいとなるだろう。
そして、手に取り、かごに入れ、まとめて購入!なんて方もいるでしょう。
家に持って帰った結果、以前に買って、手つかずの本に目が行く。
あ~、まだあれも読んでなかったのに~と買ってきた本をその横、もしくは上に置いてしまう。
しかし、速読ができるようになっていると、書店で軽く眼を通すだけで、より深く知ることができる。
そうすれば、買う必要が無い本にも気づきやすくなる。
当たりの本を引きやすくなるわけだ。

3.コミュニケーション力向上

コミュニケーション力は何に比例するか、その要素の一つは語彙力だ。
先日、蒼井優と結婚した南海キャンディーズの山ちゃんを僕は尊敬している。
というのも、彼のツッコミというのは独特の表現で、それでいて想像力を掻き立て笑いをもたらす。
この手のツッコミができる方はごく少数だ。
そして、とあるニュースで彼が勉強家で、読書家であることを知った。
幅広いインプットは幅広いアウトプットに繋がるわけだ。
この辺りは、また改めて深めて書いてみようと思う。

速読ができるって素晴らしい!

速読ができるって素晴らしい、僕はそう思っている。
時間は平等である。
誰かにとっての1分が、誰かにとっての2分ということはない。
1分は1分
であるならば、読む速度が倍以上になるのであれば、速読は平等な時間を有効に使うのに最適なトレーニングだと私は考えている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

速読・速読術が不可能・インチキというような話に対してまとめてみました

速読・速読術はインチキだという記述もありますが…
c3f653addd3ac616c38d548150c839cd_w

Googleで「速読」って調べるとこんな検索結果が…

「速読術には意味がなかった?」
「速読の効果は本当なの?」
「速読」は不可能だと科学的に証明

などなど

場合によってはインチキだなんて記述もあります。
さすがにこれは………凹みます(笑)

目の前の受講生様が、読書速度が向上し、喜んでられるのはどういうことだろうか?
そんな思いに駆られました。

こういう事ってありますよね

片や速読は不可能という人がいて、一方で、トレーニングを経て速読が身について喜んでいる人もいます。
速読に限らずこういうことってありますよね。

もう少し、具体的に見て見ます。
1.速読が不可能だという根拠
2.実際に喜んでいらっしゃる人の声
3.じゃあ、結局どういう事?

1.速読が不可能だという根拠

読んでみました。
なんでもカリフォルニア大学のレビュー論文が出ていたりするようです。
他にも、フォトリーディングのように潜在意識に本の内容を落とし込むなんて無理、なんてことも書かれてました。
速読大会のチャンピョンにハリーポッターを読ませたところ、全く内容が分かっていなかったともあります。

2.実際に喜んでいらっしゃる人の声

それでは楽読に通ってくださった受講生様の声をいくつかあげてみます。
今まで通勤途中に本を読んでいたのですが、楽読受講後は4倍以上のスピードで読めるようになりました。
学校の試験で、今までは時間内に終わらなかったのが、時間が余るようになり、見直しもできるようになりました。
本を読むのが億劫でなくなり、以前よりもたくさん本を読むようになりました。
などなど
7年以上速読インストラクターをしていると、このような喜びの声はたくさん頂いています。

3.じゃあ、結局どういう事?

では、結局どういうことなのか?
一つは、速読に対する定義かなと思っています。
インチキとか不可能と言っている速読のレベルって、1冊が10分以内、場合によってはパラパラとめくって一瞬で理解ってことではないかなと思っています。
とすると、文字数で言うと1分あたり1万文字以上を読むという世界です。
実は、楽読でいる速読は、そんなレベルではありません。
僕も無理です(笑)
楽読では、現状の2倍~7倍、大体1分あたり3,000文字以上が目標になってくるかなと思います。
実は、楽読スクールにこなくてもこれくらいの速度で読んでいる人は、実際にいます。
という事で、まとめると、1万文字以上の速読は不可能?(かもしれません)が、3,000文字ほどの速読は現場にて多くの実績がある。

何よりも大切なことは

世の中には多くの情報があふれています。
こちらを信じれば、あちらが立たず、良い情報だと思ったら、別の人が否定していて、なんてことはたくさんあります。
そんな状態になったとき、人はどうなるか、そう、行動できなくなって、現状維持を選んでしまう。
世の中を変える人、人生を変える人というのは、行動した人なんですね。
本を速く読みたいと思っている人が、速読はインチキだという情報を知って、あきらめるのか
実際に速くなった人がいると聞いて、体験しに行ってみるのか
どちらの人の方が、成果を得ることができるのでしょうか?

人のいう事、人の体験、それ以上に、あなた自身が体験し、感じたことが大切なんですよ。
ということで、楽読、体験してみようよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加