「速読の効果」の記事一覧

速読の効果

楽読の速読トレーニングが心に与える良い影響

楽読に来ると元気になっていく方をよく見かけます。
mukiryoku_ojiisan

速読の脳への影響を考える

楽読茨木スクールでは、定期的に脳スタイル診断と楽読のお話し会を開催している。
※脳スタイル診断は、株式会社SPOONの商標です。
80個の質問に答えることで、自分自身の脳の個性や状態がわかるというもの。
詳細はこちらをご覧ください。
上記のイラストのように、少し気力が落ちている方であれば、そういう数値が現れます。
どうも脳内ホルモンのセロトニンというのがキーになるようです。

セロトニンって?

脳内ではたらく神経伝達物質一つで、感情のコントロールや、精神の安定にも関わっています。
私自身は、会社員時代に鬱状態と診断されたことがありましたが、そのような状態の方は、セロトニンが不足していることが予想されます。
セロトニンを増やすには、日光を浴びるなど、様々な方法がありますが、楽読の速読トレーニングと関連する方法をお伝えしますね。
1.深い呼吸
2.リズム運動
3.人とのふれあい
上記の3つの事を日常に取り入れるだけでも、セロトニンが増えるという事のようです。
では、一つずつ見ていきます。

1.深い呼吸

医学部の教授の実験によると、ゆっくり長く吐く呼吸を繰り返し行うことで、血中のセロトニンの濃度が上昇することが確認されたとのこと。
皆さんも、怒りの感情に襲われたり、不安、緊張など普段とは違う感情に心を乱されたときなどに深呼吸をすると落ち着いたってことはないでしょうか?
おそらく、その時、セロトニンが出ているんでしょうね。
楽読の速読トレーニングの中には、大きく呼吸をする時間をとっています。
また、普段から、深い呼吸を心がけましょうという声掛けもさせて頂いており、受講生様も日に日に呼吸が深くなっているように感じます。
呼吸一つで、大きく変わるのが脳の状態、すごいですよね。

2.リズム運動

呼吸・歩行・咀嚼(そしゃく)などのリズム運動が、セロトニンを増やすのに効果的だという研究結果があります。
呼吸は、先ほど取り上げましたね、これも一つのリズム運動になるという事です。
また、ウォーキングや軽いジョギングもあまり考えることなく続けられるリズム運動ですよね。
よく噛んで食べなさい!という教えは、もしかしたら消化の事だけでなく、脳にも良いということを示していたのかもしれません。
楽読の速読トレーニングでは、本をパラパラめくったり、眼を左右上下に動かすことも行っています。
まさにリズム運動ですね。
楽読の速読トレーニングを受講された後に、スッキリしたという感想が多いのもその影響なのかもしれませんね。

3.人とのふれあい

親しい人との会話やスキンシップがセロトニンを活性化させるという研究結果があるとのことです。
すごく落ち込んでいる時に、ただ友達が近くにいてくれて、肩をさすってくれるだけで気持ちが落ち着くことがあります。
またランチや飲み会で、楽しく話していると、スッキリしたってことも起こります。
この時、セロトニンが活性化しているんでしょうね。
楽読の速読トレーニングは、インストラクターを含め受講生様同士で楽しく会話ができるような仕組みを取り入れています。
何度も会う方とは、どんどん友達のように仲良くなっていって、悩みごとの相談相手になってるなんて場面も目にします。
自分を高めようとする意識の高い方が集まっていますので、より良い環境に身を置けることと思います。

もっと早く出会っておけばよかった!

先日、スクールに来られた方が仰られていました。
精神的に落ち込んでいることが続く日があって、半年ほど無気力だったと。
私自身も一年、通院したり会社を一月休んだりという経験をしています。
その前に楽読に出会っていれば、その期間をもっと有効的使えたかもしれません。
セロトニンは年々減少するとのことなので、一日でも早く楽読の速読トレーニングを取り入れて頂きたいと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

速読をスポーツに取り入れるとどんなことが期待できるのか?

速読トレーニングを取り入れている高校野球のチームがあります。
baseball_koushien_kyujou_tsuta_nashi

スポーツになぜ速読が?

とあるプロ野球チームに所属していた選手が、速読のトレーニングを取り入れていたり、イチローも憧れた選手が、バッターボックスに立つ前にルールブックをパラパラめくっていたとか、聞いたことはありました。
肉体を極限までトレーニングしている選手が、さらに取り組むとしたら、眼と脳という事になるのかもしれません。
スペインのサッカーチームでも、肉体だけでなく、イメージ力など、脳に関してコーチをしているという話も聞いたことがあります。

どんな効果が期待できるのか?

受講生様でスポーツをされていた方に聞いてみたところ、どうもこんなところがメリットとして感じて頂けているようです。
1.視野
2.動体視力
3.イメージ
4.コミュニケーション
ちょっとまとめてみましょう。

1.視野

サッカーやバスケットボールをしている受講生様が言っていました。
前よりも敵が良く見えるようになり、パスがよく通るようになったり、ドリブルで敵を抜けるようになったりと言ってられました。
実際、スポーツ以外でも、横からの飛び込みに気づくことが増えて運転が楽になったなんて声も聞きます。
速読トレーニングによって、視野がひろがるようで、スポーツでも喜びの声を頂いています。

2.動体視力

バッティングセンターで160km/hのボールを打つという映像を見たことはないでしょうか?
楽読としても、何度かテレビ番組でも取り上げて頂いてます。
本をパラパラめくるトレーニングで速く動くものを捉える力があがるようです。
受講生様でも、卓球をしていてピンポン玉がよく見えるようになったなどという声を頂いてます。
試合中に本をパラパラしているチームがあれば、おそらく速読を取り入れているでしょう。

3.イメージ

サッカー漫画なんかを読んでいると、まるで鳥が見下ろすような形でフィールドが描かれることがあります。
あれは決して、漫画の世界だけではなく実際の世界でもあるようです。
とある選手が、ビデオに映る自分の試合を見て、あるシーンの選手の配置を聞いてみたところ、かなりの確率でどこに誰がいるかを答えられたようです。
まさにイメージする力ですね。
速くめくる本から、文字をひろって思い出すというトレーニングで脳の回転数があがれば、イメージができる速さも変わるでしょう。

4.コミュニケーション

楽読のトレーニングでは、本に目線を向けながら、会話をするというトレーニングがあります。
インストラクターは、受講生様の状況をみながら、様々な質問を行っていきます。
スポーツのチーム単位でレッスンを受けて頂くと、質問の答えから意外な一面を知ることがあったりなどして盛り上がります。
人は、人のことを知れば知るほど、信頼関係は増す方向に働きます。
接触頻度があがることで、チーム内の結束力が向上したという声を頂きました。

眼と脳をトレーニングするのって

眼と脳をトレーニングするのって、スポーツの中への取り入れ具合は、それほどではないんじゃないでしょうか。
一方で、肉体的負担をそれほどなく、楽しく、楽にできるトレーニングなので、取り入れやすいでしょう。
それでいて、結果の即効性は、マラソンを続けて持久力をあげていくことを考えれば、在ると思いますよ。
スポーツの指導者をされている方、一度、楽読トレーニングの導入を検討されてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

速読できる人が得をする人生の場面ってこんな感じかな?

速読のできる人と、できない人とでは人生でどんな差が生まれるのだろうか?
kaiwa_hairenai_businessman

それは受講生様の一言で始まった

楽読茨木スクールに通う受講生様は大人の方が多く、小中学生も何名かいらっしゃいます。
あるとき、小学生と一緒にレッスンを受けていた大人の受講生様が言ったんです。
「子供のころから速読が習得できてたらよかっただろうに~」
確かに!ってうなずいた別の受講生様もいて、ちょっと分析してみようと思います。
年代別で考えてみようかな。
1.小学生~高校生
2.大学生
3.社会人
4.親世代
5.退職後の世代
こんな感じでしょうか?

1.小学生~高校生

小学生~高校生となると、必ずある宿題が読書感想文。
いくつになってもあるし、苦手っていう声も非常に多い。
一方で、速読を習得していると、短い時間で読むことができるし、感性も豊かだからいい感想文も書けるだろう。
学校の読書の時間も短時間で読み進められるし、参考書や文章題も短時間で読める。
そして、試験問題も速く読めることから、最後までテストに臨んで、見直しもできる。
また、最近では野球の甲子園出場校が、楽読を取り入れてくださったりと、スポーツでも成果が出ている。
学業にスポーツに、速読の効果は非常に高い!早く始めるに越したことはない。

2.大学生

大学生ともなると、論文やゼミのために読まなければならない文章は格段と増えてくる。
場合によっては日本語だけでなく、英語の論文も読むこともよくあることで。
起業に興味を持つ学生は、早くから社会人とコミュニケーションを取ろうとするだろうし、そうなると語彙力も必要だ。
本を読んだことないですと言ってしまう学生が、社会人に簡単に受け入れられるかは疑問だ。
ホリエモンにしろ、キングコング西野にしろ、時代の先行く人は本をどんどん書いてくる。
社会に出る前に味わいたいのであれば、速読を習得して、読書のハードルを下げた方がいいだろう。

3.社会人

働き方改革で、残業を減らそう、労働時間を減らそうという取り組みが進んでいる。
ただ、どちらかといえば、仕組みであったり、ルールであったり個人の能力とは別の所で議論が進んでいる。
個々人の業務の効率化となると、会社としては個人任せ、自分でなんとかしろと言わんばかりにもとれる。
結局、会社では仕事が終わらず、自宅に持って帰り、疲弊していくなんてことにも。
一方で、速読を習得している人は、読む速度が速いだけでなく、脳の力が上がっているので、他の場面でも処理が速い。
実際、プログラマーとして会社員をしていたころの僕は、残業がどんどん減っていった。
速読を身に着けると、仕事も速くなるってわけだ。

4.親世代

速読で日々のゆとりが生まれている親世代は、子供に対してもおおらかな人が多い。
実際、子連れで楽読スクールや、楽読のミーティングに参加する人もいるが、受講生様はじめ楽読関係者はおおらか。
大声出したり、泣き出したりしても、一緒になってあやしてくれたり、笑わそうとしてくれる。
満員電車を思い出して欲しい、その中で、ベビーカーに乗せた子供が泣きだしたら…
迷惑そうな顔を向けた大人がたくさんいるんじゃないだろうか?
多分、速読やってないな、まあ、間違いなく楽読はやってないだろうなって思っちゃったりする。
速読は心のゆとりも生み出すのだ。

5.退職後の世代

年齢と共に、あんなに好きだった読書ができなくなったという声も聞く。
老眼であったり、集中力が続かなかったり、眠くなるから…
自分の衰えを感じてしまうようになるせいか、読書をあきらめるという声がちらほら。
速読トレーニングは、やったらやっただけ成果があるというもので、いくつになって成長を実感できる。
老眼が軽減した、集中力がついたという声もあり、多くの方に喜んで頂いている。
80歳を過ぎて楽読に出会い、楽読インストラクターになっちゃったという人もいるくらいだ。
衰えにフォーカスするか、成長にフォーカスするか、どちらの世界を描きたいだろうか?

で、結局どんな差が生まれるのか?

僕は、速読できる人の方が、できない人よりも幸せになれる確率は高いと思っている。
自分の持っている能力をそれだけ引き出して、若々しくあれるから。
だから、速読をいつ始めたらいいですか?って、ちょっと古いけど「今でしょ!」って答えるね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

速読ができる人って意外にいるんだよ、そして速読は素晴らしい!

速読ができる人というのはどういう人なんでしょうか?
nigaoe_sonbu

学生の頃の試験を思い出して欲しい

小学校・中学校でのワンシーン、試験時間。
ちょっと思い出して頂きたいのですが、こんな子はいませんでしたか?
誰よりも早く試験が終わり、退屈そうにしている子。
それでいて、点数は高いっていう子。
読んで理解する速度が速いため、試験時間も短くて済むわけです。
おそらく、速読ができていたんじゃないかなと思われます。

こういう子は、すごく勉強しているようには見えません。
むしろあまり勉強していないんじゃないか?って周囲からは思われたりします。
一般人と有名大学に通う人との読書速度の差は、5倍以上とも言われます。
参考書を読む時間が5分の1で済んじゃうわけです。

速読ができたと言われる人物たち

漫画界の神様、手塚治虫氏。
彼は膨大な量の漫画とアニメを世の中に遺した。
ジャンルの幅広さや、社会に対する訴えかけなど、まさに漫画・アニメを文化の領域に引き上げたと言っても過言ではないでしょう。
読書好きで知られた彼は、ものの数分で一冊を読み上げていたとか。
まさに速読ができていた人物だったであろう。

アメリカ大統領も速読ができる人が多かったようで。
食事前のわずかな時間に、一冊を読み上げたり、一般的な読書速度よりも4~6倍の速さで読んだりなどしています。

それ以外にも有名人、著名人の中には、一般の人よりも速く読むことのできた人は多くいたようです。

速読できるとどんないいことがあるの?

有名人、著名人、偉人と多くの人ができていたであろう速読、果たしてどんないいことがあるのだろうか?

1.時間短縮

何と言ってもこれを求めている人は多いんじゃないだろうか?
一日に読む文字の量は圧倒的に増えている。
本だけじゃなく、メール、LINE、SNSなどなど。
まるで中毒のようにスマホを片手に生きている人もいる。
夜中に睡眠不足になるまで読んでいる人もいるかもしれない。
もし、その時間が半分になったとしたらどうだろうか?
その余った時間は何に使いたい?家族との時間?自然に触れる?などなど
人生の豊かさをもたらす可能性は十分にあるんじゃないだろうか?

2.節約

書店に行くと、毎日のように新しい本が出ている。
タイトルを見たり、著者を見たりしながら歩いていると、あれも欲しい、これも欲しいとなるだろう。
そして、手に取り、かごに入れ、まとめて購入!なんて方もいるでしょう。
家に持って帰った結果、以前に買って、手つかずの本に目が行く。
あ~、まだあれも読んでなかったのに~と買ってきた本をその横、もしくは上に置いてしまう。
しかし、速読ができるようになっていると、書店で軽く眼を通すだけで、より深く知ることができる。
そうすれば、買う必要が無い本にも気づきやすくなる。
当たりの本を引きやすくなるわけだ。

3.コミュニケーション力向上

コミュニケーション力は何に比例するか、その要素の一つは語彙力だ。
先日、蒼井優と結婚した南海キャンディーズの山ちゃんを僕は尊敬している。
というのも、彼のツッコミというのは独特の表現で、それでいて想像力を掻き立て笑いをもたらす。
この手のツッコミができる方はごく少数だ。
そして、とあるニュースで彼が勉強家で、読書家であることを知った。
幅広いインプットは幅広いアウトプットに繋がるわけだ。
この辺りは、また改めて深めて書いてみようと思う。

速読ができるって素晴らしい!

速読ができるって素晴らしい、僕はそう思っている。
時間は平等である。
誰かにとっての1分が、誰かにとっての2分ということはない。
1分は1分
であるならば、読む速度が倍以上になるのであれば、速読は平等な時間を有効に使うのに最適なトレーニングだと私は考えている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲームは一日一時間までって言われて育ちましたが…

脳には前頭前野という場所があります。
思考・行動の抑制・コミュニケーション・意思決定などなど
人が人として生きていくうえで非常に重要な機能を持っています。

最近の研究では、その前頭前野の機能はテレビゲームによって発達を阻害するというような発表もされていたりします。
そういえば、最近の電車内では読書や新聞を読む人よりも、スマホを片手にゲームをしている人をよく見かけます。

僕自身はテレビゲームは好きですし、よくプレイしています。
ですが、あまりにも没頭していたり、長時間プレイする日が続くと、精神的に不安定になってるような気もします。
もしかしたら、前頭前野が何かしら影響しているのかもしれません。

子供のころ、ゲームは一日一時間までって言われていましたが、これが裏側にあるのかもしれませんね。

では、前頭前野を活性化させるにはどうしたらいいのでしょうか?

はい、その答えの一つが読書です!

脳科学者の茂木健一郎さんもそのように仰られているようです♪

だとしたら、速読を身に着けて、読書をたくさんできた方が前頭前野が鍛えられますね♪

そんな速読を、楽読茨木スクールで体験してみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1 / 13123最後 »